バイオ式生ゴミ処理器(コンポスト) ボカシオルガンコ2

ボカシオルガンコ

バイオ式コンポストで、家庭から環境へ貢献しませんか?

ボカシオルガンコ2は、こんなお客様におすすめです。

『生活で出たごみを無駄にせず、ご家庭から循環型の社会を進めていくことに興味がある方』
『家庭菜園やガーデニング、庭いじりが好きな方、やってみたい方』

家庭から少しずつ、環境に配慮した活動って何ができるだろう・・。と考え、
ごみを無駄にしないことだと思いました。

子どもが環境について、学ぶことが多くなった現在、大人も普段の生活から環境を意識してみませんか?

環境にやさしい社会の実現を、家庭から少しずつできる商品をご提案します。

ボカシオルガンコ

ボカシオルガンコって何?

中欧のスロベニアで生まれたBokashi Organko2(ボカシオルガンコ2)は、生ゴミを全て肥料にするバイオ式生ゴミ処理器「コンポスト」です。

Bokashi Organko2 (ボカシオルガンコ2)は、電気を使いません。
キッチンの調理台に置けるコンパクト設計で、まるで三角コーナーに生ゴミを入れるような感覚で、誰でも簡単に生ゴミを肥料化します。

使い方の説明も御座いますので、動画を一度ご覧ください。

コンポストとは

コンポストって何?

コンポストは「乾燥式」と「バイオ式」2つの種類に分けられます。

「乾燥式」は生ごみを温風で乾燥させる家電です。
短い時間で処理できますが、ランニングコストがかかります。

「バイオ式」は微生物によって発酵されるので、時間を必要とします。
ただし、発酵したゴミが肥料として二次利用できるため、ごみを無駄にしない生活をすることができます。
デメリットとして、デザインがおしゃれでなかったり、ニオイや虫が発生することも挙げられます。

ボカシオルガンコは、バイオ式のデメリットをクリアした商品です!

家庭ごみ 内訳

家庭ごみの内訳

家庭ごみの40%以上が生ごみです。
ごみを処理するための費用がかかりますし、ごみを処理するためにCO2排出をしてしまっています。

リサイクル

環境のことを考えて、家庭でリサイクルの循環を作りませんか?

先ほどお伝えした、ごみを少しでも減らして、環境にやさしい活動を家庭から始めませんか?
1人1人の力は小さいですが、少しでもごみを減らす暮らしを進めれば、大きな力になります!

ボカシオルガンコ構造

生ごみのニオイを発生させにくい構造

ゴム製の内蓋(プレッサー)で空気を遮断することにより、ニオイの原因となる生ゴミの腐敗を防ぎ、さらに独自の二重構造(容器)により、外蓋を閉めればニオイの発生がしにくい状態を作れます。

「本当に生ごみのニオイしないのかな~?」「虫大丈夫かな~?」と気になるところですよね!
ユーザー120名にアンケートを取っておりますので、ぜひ参考にしてください!↓

ボカシオルガンコ 口コミ

89%の人が「ニオイがしない」と回答!

ユーザー120名の方のアンケート結果です!
ご購入前の参考にしてみてください。

生ごみの気になる「ニオイ」に関しては、89%の人が「ニオイがしない」と感じています!

ボカシオルガンコ クラウドファンディング

クラウドファンディングで総額1,000万円以上の応援購入を獲得!

お部屋のインテリアを邪魔しないデザインと機能性、2つのバランスが良く、多くの方から支持を受けている、コンポストです。

ボカシオルガンコ 使い方

ためる期間

➀ボカシ20gを入れ、生ごみを入れる
➁ボカシを20g振りかける
➂内蓋をしっかりと閉め、カバーをする

ボカシオルガンコ 使い方

放置する期間

➀45度後ろに傾けてガスを放出する
➁分解された抽出液を取り出す

抽出液は液体肥料や排水溝の浄化液に活用できます!
※抽出液はすぐに使用してください。

ボカシ

発酵促進剤(ボカシ)の役割は?

バイオ式生ごみ処理器であるコンポストは、微生物の力で生ゴミ(有機物)を分解して発酵させる仕組みです。Bokashi Organko2 (ボカシオルガンコ2)はバイオ式なので、微生物【EM菌】を含む発酵促進剤(ボカシ)が必要なのです。

Q.微生物【EM菌】ってなに?

A.EM菌のEMを正式に表すとEffective(有用) Microorganisms(微生物群)

つまり、EM菌とは「有用微生物群」のことです。分かりやすい表現をすると「善玉菌」です。食品に使われる乳酸菌や酵母菌、光合成細菌などが含まれています。

「善玉菌」であるEM菌によって生ゴミ(有機物)が分解されると、役に立つ物質を生成します。それだけでなく、コンポスト内の環境を浄化する役割も果たすのです。

発酵促進剤(ボカシ)は消耗品です。

初回は1㎏が付属されます。
1度に使う量は20gなので、1㎏の場合、追加で購入するのは、毎日使っても2~3か月後です。

ボカシはホームセンターに行くと、600~700円/kg で購入することができます
購入時のポイントは、「EM菌」入りの発酵促進剤であることです。

米ぬかやトウモロコシを原料するものが多く、どちらでも構いません。

有機肥料

発酵された生ゴミは全て肥料に

ボカシオルガンコに入れた生ごみはもちろん、不要な水分として出た抽出液も、全部が有効活用できるなんてスゴイと思いませんか?
捨てるものは何もありません。

ボカシオルガンコ 活用方法

活用方法➀

土をよく耕したあと、穴を掘って堆肥を埋めます。
その上に土を7~8cm程度被せ、堆肥が土に馴染む期間(10日程)放置してから、種や苗を植えます。
苗が育ち始めたら、畝と畝の間に穴を掘り、堆肥を埋め、その上に土を7~8cm程被せます。

ボカシオルガンコ 活用方法

活用方法②

土⇒堆肥⇒土の順にサンドイッチ状にして埋めます。
堆肥が土に馴染む期間(10日程度)放置してから、種や苗を植えます。
※元々の土に虫がいなければ、虫は発生しません。

ボカシオルガンコ 活用方法

活用方法➂

木と木の間に穴を掘って、堆肥を埋めて、その上に土を7~8cm程度かぶせます。

ボカシオルガンコ 活用方法

活用方法➃

【液体肥料として】
抽出液を100~200倍に薄めて、植木鉢や花壇、観葉植物、作物などの水やりに活用できます。
液体肥料として与えるので、植物が元気になります。

【消臭・浄化液として】
キッチンの流し台や浴室の排水溝などに流すことで、排水管の洗浄・浄化に役立ちます。
また、ニオイの緩和にも役立ちます。

スカザ

コンポストメーカーの紹介

Bokashi Organko2 (ボカシオルガンコ2)を作っているのは、北欧の美しい自然の国スロベニアの会社「Skaza」です。Skaza社は、海洋環境問題に力を入れて取り組んでいます。
海のプラスチック廃棄物を再生海洋プラスチック製品に、リサイクルさせる技術研究開発を続けて、商品化に成功しています。

人間が海に捨てた多量のプラスチック廃棄物を摂取したことにより、毎年数えきれないほど多数の海鳥や海の哺乳類、ウミガメなどが命を失っているのです。
このプラスチック問題は、日本でもプラスチック製ポリ袋の完全有料化が制度化され、7/1~全国一斉に施行されましたが、今、世界で大きな環境問題となっています。

Skaza社は、コンポストなどプラスチック商品製造を専門とし、生物の生態系保全、地球の環境保護に貢献する会社です。

商品サイズ

横幅 24㎝ /高さ 34cm /容量9.6ℓ

コンパクトなので、キッチンに置くことができます!

ボカシオルガンコ 2個がおすすめ

おすすめは2個使い!

生ゴミの投入が完了してから、2週間放置して寝かせる必要があります、生ごみを入れられない期間が出てしまいます。

2個使い回すことで、生ゴミを可燃ゴミに出さないリサイクルライフの循環ができるようになります。

2個セットの場合、1個セットよりもお得な価格で販売をしております!
プランターや家庭菜園の大きさや、ご利用の環境に応じて、2個使いもご検討ください!

上手に使うコツ!

Bokashi Organko2 (ボカシオルガンコ2)の中で発酵過程の効率を高めるためのコツをお伝えします。

★生ゴミ投入時のコツは、「1.生ゴミの水切りをすること」「2.大きな食材は小さく切って入れること」です。

★発酵促進剤(ボカシ)の量のコツは、生ゴミの量が多いときは少し多い目に振りかけます。

★放置する期間のコツは、冬場に室温が大きく下がるキッチンでは長め(15~20日)に放置することです。

【重要】ボカシオルガンコ2に入れてはいけない生ゴミについて

基本的にはどのコンポストも同じですが、人間が食べておなかを壊すようなもの、分解できないようなものは入れられません。

その他、以下に示すものは入れないでください。

・液体…ジュース、牛乳、水、油、酢など
・大きな骨(肉・魚)、貝殻、甲殻類の硬い殻、腐敗した食品、灰、動物の糞など

そのほか、よくある質問については以下をご覧ください。

よくある質問

どのくらいの抽出液が取り出せますか?
抽出液の量は投入された生ゴミの種類によって異なります。野菜や果物が多いと量は多くなり、調理済みの食品やパンなどが多いと量は少なくなります。同様に色やニオイも内容物により多少変化します。(通常、抽出液は発酵促進剤(ボカシ)の色、ニオイがします。)
発酵促進剤(ボカシ)の追加購入はどこでできますか?
お住いの地域にあるホームセンターやインターネットで購入することができます。購入する場合はEM菌が配合されている発酵促進剤(ボカシ)であることを確認してください。
現在、LIXILパーツショップで発酵促進剤(ボカシ)のみを販売する予定は御座いません。
使用説明書はありますか?
はい。付属品の説明書とともに日本語版説明書を同封してお届けします。
安心してお使いいただけます。ご使用前に必ずお読みください。
ゴム製の内蓋(プレッサー)を本体から取り外しにくくないですか?
大丈夫です。簡単に取り外せます。
Bokashi Organko2 (ボカシオルガンコ2)のゴム製の内蓋(プレッサー)こそが他社の商品にはないメーカーオリジナル、自慢できる構造です。取り外すときはフタの中央部にある取っ手を上に引き上げるだけ。力を入れず半分に山折りになり取り外せます。フタをするときは開いた状態で取っ手のある中央部分をゆっくり押し入れるだけです。
また、ゴム製の内蓋(プレッサー)は、堆肥化した中身を無駄なくきれいに出すためのゴムベラとしても使用できるよう工夫されたアイテムです。
堆肥化した生ゴミの上にカビが発生したときはどうしたらいいですか?
白カビが発生することがよくありますが、順調な発酵過程を示すものなので全く心配ありません。しかし、まれにですが黒カビが発生した場合は、発酵過程中のトラブルが原因と考えられます。堆肥としては使用できませんのでやり直してください。
使った後はどのようにお手入れすれば良いですか?
すべてのパーツは容易に分解して洗うことができます。(詳細は添付の使用説明書に記載しています。)

水洗いするだけでいいので簡単です。水洗いだけでは不満足な方は、食器洗い用の中性洗剤で洗ったあとしっかり水で洗い流してください。食洗機に入れて洗浄することも可能です。

注意:ハイターなど除菌・漂白の「まぜるな危険!」と表示されている洗剤は使わないでください。微生物が死滅し堆肥化する自然環境を破壊する可能性があります。
取扱説明書に㈱C isと書いていますが、なぜですか?
㈱C isは輸入代理店の会社になります。
商品に関するご質問・お問い合わせは、このページに記載されている、電話番号もしくは、問合せフォームからご連絡くださいませ。

商品ラインアップ

カラーと数量をお選びいただけます。


■お問い合わせ

お問い合わせは自動音声で24時間受付していますが、
折り返しのご連絡は平日9:00~17:00のみ(土日祝、夏季休暇、年末年始、ゴールデンウイーク除く)となります。
回答が遅くなる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

ボカシオルガンコ2 専用窓口
0120-373-082