手が触れる場所を、いつもキレイに

抗菌・抗ウイルス加工 インテリア室内取手(とって)

抗菌・抗ウイルスインテリアハンドルTOP

家族が毎日過ごす住まいに安心を

新しい生活様式に求められる、新しい「空間様式」。その一つが、室内の衛生対策です。
ドアや収納の取手(とって)など、お部屋の中で多くの人が触れる場所は、特に気をつけたいところ。
LIXILは、抗菌・抗ウイルス加工のインテリア室内取っ手を拡充させ、誰もがより安心して過ごせる空間づくりをサポートします。

菌やウイルスが広まる経路

菌やウイルスが広まる経路は主に3つ「飛沫」「空気」「接触」です。「飛沫」「空気」はマスクを付けて予防しますが、「接触」では多くの人が触れる場所ほど注意が必要です。

菌・ウイルスが広まる経路「接触」

室内にあるさまざまな建材も「拡散」の原因に!

「接触」では 菌やウイルスが付着したモノや手指などを介しての拡散。ウイルスや菌が付いた手で自身の口や鼻などを触ることで起こります。お部屋の中で多くの人が触れる取手(とって)を 菌の増殖を抑制したり、ウイルスの数を減少させる効果がある取手に変え、安心な空間を作りましょう。

抗菌・抗ウイルス加工について

LIXILではSIAAの安全性基準に適合したインテリア室内取手(とって)を拡充いたします。

抗ウイルス加工

抗ウイルス加工

表面の塗装に抗ウイルス剤を配合することで、表面に付着した特定ウイルスの数を減少させます。

抗ウイルス試験結果

抗ウイルス性能の試験結果(室内ドア取手の場合)

製品表面の塗装に抗ウイルス剤を配合し、製品表面に付着した特定ウイルスを24時間後、99%以上減少させます。

●抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。
●薬機法の規制により、特定のウイルス名の表記はできません。
●本データは試験機関による特定環境下における試験結果であり、保証値ではありません。また実際の使用状況で同様の性能を保証するものではありません。 またすべての製品の性能を表すものではありません。
●抗ウイルス性能は、すべてのウイルスに対して発現するものではありません。またすべてのウイルスに同様な試験結果が得られるとは限りません。
●SIAAの安全性基準に適合しています。
●抗ウイルス加工部位が摩耗すると、抗ウイルス性能が低下することがあります。
●表面に汚れなどが付着した状態では、効果を発揮することが出来ませんので、適切なお手入れをしてください。

抗菌加工

抗菌加工

菌を殺したり減少させるのではなく、表面に付着した細菌の増殖を抑制します。

商品ラインナップ

動画で確認!お取付け方法動画集

ドア取手編

ドア錠編

引戸引手編

引戸プッシュ錠編

収納取手編

よくあるご質問

耐久性はどのくらいですか? 効果が落ちることは無いか?
基本的には、加工表面が削れない限り、効果は持続します。ただし、表面に汚れなどが付着した状態では、効果を発揮することが出来ませんので、適切なお手入れをしてください。
どのようなお手入れをしたら良いですか?
表面に汚れが付着した場合は、乾いた布で拭いてください。抗菌・抗ウイルス加工をしている為、本商品に消毒の必要はありませんが、消毒をされる場合は、次亜塩素酸ナトリウムを0.05%に希釈した消毒液をお使いください。(消毒液の作り方・使い方はこちら よりご確認ください)
新型コロナウイルスに効果はありますか?
本商品は、病気の治療や予防を目的とするものではありませんので、ご了承ください。