LIXILパーツショップのh1画像

ご購入前のドア・錠前の確認

ご購入前にご自宅のドアが後付けオートロックESを取り付け可能か、タイプと寸法を必ずご確認ください(以下の4ステップで確認できます)。

step1.ドアの状態を確認

以下のようなタイプの場合、後付けオートロックESの取りつけができなかったり、取りつけができても正常に作動しないことがありますので、ご確認ください。

  • 台座に装飾がある
    台座の飾りつきタイプには取りつけできません。
  • 特殊ビスを使用している
    サムターン側からの取りつけビスが雌ネジ等の特殊な形状の場合、正常に取りつけできない場合があります。
  • 引き戸
    引き戸タイプには取りつけできません。
  • 特殊な扉
    デッドボルトの位置が極端に、左右どちらかに片寄っている扉には、取りつけできない場合があります。
  • 玄関扉が正常に使用できない
    サムターンを90度回転するとき、施解錠動作にクリック感(「カチッ」という手応え)がない。扉を閉めた状態で、サムターンでの施解錠の操作を行ったとき、デッドボルトとストライク(受け座)が干渉する。ドアクローザーによって自力で扉がきちんと閉まらない扉には取りつけできません。

step2.サムターン周りの確認

後付けオートロックES設置予定のドアのサムターン及びその周囲のスペースをご確認ください。

【確認事項】
玄関ドアのサムターンが正常に作動しているか。
サムターンの回転角度は90度になっているか。
サムターン周りに後付けオートロックESの設置に十分なスペースがあるか。
(図は上向きの取付状態です)

下向きでも取り付けられます

step3.錠前タイプの確認

LIXILの玄関ドアに取付け可能かご確認される場合は こちらの一覧表 をご覧ください。
LIXILの玄関ドア以外の場合は、フロントプレートの刻印で錠前のタイプを確認できます。お使いの錠前が取りつけ可能なタイプかご確認ください。

■刻印のメーカー名:MIWA

■刻印の錠前タイプ
LE・LSP・SWLSP・FE・FESP・TE・TESP・QDD・QDK668・QDC・QDB851・QDN608・GAF・ LY-01(QDA343)・QDJ695・LEF・08LEF・PESP・08FE・QDJ696・GAA・QDB850・QDA345・ 08FESP・QDB835

  • 刻印タイプの後に数字等が記載されていても取りつけできます。
  • サムターン側から2本のビス(M5)で取りつけてあります。
  • サムターンにカバーが装着されていると、サムターン側のビスは見えない場合があります。
  • 一部、台座の飾りつき(エスカッションなど)タイプにより、取りつけできない錠前がありますのでご注意ください。

【カバーの取外し方】
サムターンのつまみを取り外し、カバーの切欠き部分にマイナスドライバーを差し、 ひねるとカバーが外れます。

step4.扉の厚みを確認

取りつけ可能推奨扉の厚さは33~42mmです。

上記の扉の厚さであっても、デッドボルトの位置が極端に左右どちらかに片寄っている扉には取りつけできない場合があります。